Database

危険なオンラインショップ

キャンペーンも充実!つけ放題や他店オフなど数多くご紹介中です!まつげエクステ スクール のまつげサロンのことならお任せください!

オンラインの鉄則

川口市物件も充実!ファミリータイプや単身物件も数多くご紹介中です!川口 土地物件のことならお任せください!

電子商取引と楽天

電子商取引と楽天

インターネットショッピングモールやオークションを運営する楽天は、ネット通販首位を誇ります。楽天の契約ショップ数は約45000件(2005年11月初旬)で日本最大です。

買い物はネットで
資産運営にまつわる法律もご相談ください。経営の法律など、法律情報満載!福岡 税理士

会社沿革

1997年
  • 2月7日 - 株式会社エム・ディー・エム設立。
  • 5月1日 - 楽天市場を開設。
1999年
  • 6月 - 商号を楽天株式会社に変更。
  • 9月 - インターネットオークション事業楽天フリマ開設。
2000年
  • 4月19日 - 株式を店頭市場(現 ジャスダック証券取引所)に登録(上場)。
  • 12月7日 - 株式会社インフォシークを買収、完全子会社化。
2001年
  • 8月30日 - 株式会社ビズシーク(中古品販売・買取サービス「Easy Seek」運営)を買収、子会社化。
  • 9月21日 - 株式会社フープス(無料ホームページコミュニティ「HOOPS!」の運営)を株式会社サイバーエージェント及び株式会社オン・ザ・エッヂ(現 株式会社LDH)から買収、完全子会社化。
2002年
  • 9月24日 - ワイノット株式会社(グリーティングカードサービス「ワイノットeカード」運営)を買収、子会社化(後に完全子会社化)。
  • 10月1日 - 株式会社メディオポート(ゴルフ場予約サービス「golf port」を運営)を完全子会社化。
  • 11月1日 - 株式会社コミュニケーションオンライン(「COOL ONLINE」の運営)を株式交換により完全子会社化。
  • 12月6日 - 株式会社キープライム(「CGIBOY」の運営)を株式交換により完全子会社化。
  • 12月19日 - ライコスジャパン株式会社の増資引き受け並びに株式購入により子会社化(後に完全子会社化)。
2003年
  • 9月1日 - 株式会社インフォシーク及びライコスジャパン株式会社を合併。 アラン株式会社からゴルフ場予約サービス「GORA」を営業譲渡。
  • 9月17日 - マイトリップ・ネット株式会社(現 楽天トラベル株式会社 「旅の窓口」運営)を日立造船株式会社より買収、完全子会社化。
  • 11月26日 - DLJディレクトSFG証券株式会社(現 楽天証券株式会社)を子会社化。
2004年
  • 3月19日 - デジパ・ネットワークスを株式交換により完全子会社化。
  • 4月1日 - 株式会社コミュニケーションオンライン及び株式会社キープライムを合併。
  • 9月22日 - 株式会社あおぞらカード(現 楽天カード株式会社)を買収、完全子会社化。
  • 9月24日 - 日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟を申請。
  • 10月28日 - ゴルフ場予約サービス「GORA」「Golf Port」「楽天ゴルフ」を統合し、「楽天GORA」開始
  • 10月29日 - 株式会社楽天野球団を設立。
  • 11月2日 - NPBの承認を得て、プロ野球への参入が決定。
2005年
  • 6月1日 - 国内信販株式会社(現 楽天KC株式会社)を買収、子会社化。 ワイノット株式会社を合併。
  • 7月23日 - 楽天で3万6千件もの個人情報漏洩事件が発生。
  • 9月30日 - 米 LinkShare Corporationを買収。
  • 10月13日 - 楽天グループが東京放送(現・東京放送ホールディングス)の全発行済み株式の15.46%を取得した旨の株式大量保有報告書を関東財務局に提出すると共にその旨を発表した。
2006年
  • 1月19日 - 東京都民銀行とのインターネットバンキング分野での提携が発表。
  • 5月31日 - 地方競馬全場と勝馬投票券の販売業務委託の合意を発表。
  • 7月18日 - FCバルセロナとのマーケティング・パートナーシップ契約を締結。
  • 9月1日 - 楽天証券ホールディングス設立。
  • 10月1日 - 住宅ローン専業の金融会社楽天モーゲージを新生銀行と共同設立。
  • 12月1日 - NTTドコモとインターネットオークション事業に関して業務・資本提携し楽天オークションを設立。
2007年
  • 7月31日 - 関連会社を通じて、東京電力より同社が保有するフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の全株式(発行済株式の54.27%)を買収、子会社化。
2009年
  • 2月10日 - イーバンク銀行(現:楽天銀行)の連結子会社化を発表。
  • 12月 - ビットワレットを連結子会社化。
2010年
  • 3月18日 - イーバンク銀行の完全子会社化と「楽天銀行」への商号変更を発表。
  • 6月30日 - 三木谷社長が、社内の公用語を英語にするという国際戦略構想を発表。2012年7月から実施した。
2011年
  • 6月27日 - 日本経団連会員企業であったが、退会届けを提出し受理された。経団連へは2004年から入会していた。
  • 8月1日 - 旧楽天KCが会社分割され、楽天のクレジットカード事業を楽天クレジット株式会社が吸収し、楽天カード株式会社へと社名変更した。
  • 11月9日 - カナダの電子書籍販売会社コボを買収。
2012年
  • 7月 - 楽天の社内公用語を英語化した。

楽天あんしん支払いサービス

楽天あんしん支払いサービスは、2008年10月にサービス開始しました。楽天市場のうち決済・ユーザ認証機能の部分のみを切り離して利用できるサービスで、既に自社サイト等でデジタルコンテンツ等の販売を行っている企業が楽天ID・パスワードによる決済を利用することを想定しています。当初は件数課金のみの対応でしたが、2009年9月より定額課金決済にも対応しました。楽天あんしん支払いサービスを使って決済を行った場合、通常の楽天市場での商品購入と同様、購入者にはポイントが付与されます。当初はPC向けのみのサービスでしたが、2010年5月より携帯電話での決済にも対応しました。

楽天市場

楽天市場を利用している人は多いのでは?楽天市場の会員数4000万人以上だそうです。出店数約25000店、年間売上高5300億円。楽天市場サイト内に開設されている懸賞市場では、当選数9億9999万9999など実際にはありえない懸賞のサイトがあります。注文の確定ボタンの下に広告メールの申し込み欄があり、既にチェック済みであるため、チェックを都度外さないと広告メールがSPAMのように届くシステムを採用しているので、不要の場合はチェックを外しましょう。

楽天とアフィリエイト事業

楽天ではアフィリエイトを媒介した商品の売買も行われていますが、商品売上げ毎の料率がおよそ1%とかなり割安な還元率となっています。また楽天のアフィリエイトの報酬は現金によるものではなく、楽天スーパーポイントで行われています。また、3000ポイント以上の受け取りには、楽天銀行の口座開設か楽天カードへの入会が必要となりました。

事業部

フュージョン・コミュニケーションズ
創業以来のEC事業と、M&Aや業務提携を近年積極的に行っている、売り上げの約4割を占める金融関連の事業が中核になってきていて、本業が金融会社の色合いが強くなってきています。また、多額の有利子負債を抱えています。
EC事業
楽天市場、楽天ブックス、楽天オークション他
クレジットカード事業
楽天カード銀行事業楽天銀行(旧:イーバンク銀行)
ポータル・メディア事業
インフォシーク、オーネット、楽天リサーチ他
  • トラベル事業
  • 楽天トラベル証券事業
  • 楽天証券プロスポーツ事業
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス他通信事業
楽々注文!ネットスーパー